髪の毛とヘアサイクルついて

106836

そもそもの髪の毛の構造についても解説します。
髪の毛は毛皮と呼ばれる部分で作られます。
毛皮のさらに深いところには毛球があります。
この毛球は、毛母細胞と毛細血管から運ばれてきた酵素や栄養素をエネルギーにして、増殖や分化をくりかえし、これが上へ伸びることで髪の毛が成長してゆくのです。
毛髪の成長は速度は一般的に1日約0.35mmで、1ヶ月に約1cm伸びると言われています。

『AGAとは?』という記事でも解説しましたが、髪の毛には『硬毛』と『軟毛』の2種類があります。
一般的に日本人の髪の毛、硬毛の直径はおよそ0.04~0.15mmといわれています。
軟毛の場合は直径が30μmよりも小さく、メラニン色素も少ないため、周りの髪の毛よりも薄い色をしています。

人は乳児期から思春期へと成長していくにつれ、この軟毛が太く艷やかで、コシのある硬毛へと変化していきます。

AGAの場合はこの軟毛が、硬毛にまで成長せずに抜けてしまうのです。

ヘアサイクルについて

096419

髪の毛にはそれぞれ寿命があります。
髪の毛は伸びては抜け、また新しく生え変わります。これを「ヘアサイクル」と言います。
髪の毛は約10万本あると言われ、健康な人でも1日に50~100本が自然に抜け落ちます。

髪の毛が伸びては抜け、また生え変わるために、毛包は成長期、退行期、休止期のいずれかの状態にあります。
毛包が「成長期」にある場合髪の毛は成長を続けます。これは通常2~6年間続きます。
その後約2週間の「退行期」には毛球の退縮が始まり、毛球が完全に退化します。
そして休止期に入ると、新しい髪の毛をつくる準備をしながら脱毛します。
そしてまた新しい髪の毛を伸ばし、成長期へ入ります。

このヘアサイクルの中で、AGAの場合は「成長期」が短くなってしまうため、髪の毛が充分に成長ないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ