お薬でAGAを治療しよう!

AGAの治療には投薬治療のみということはAGAは進行する!?その治療とは?という記事で解説しましたので、今回はそのお薬について解説したいと思います。

AGAに効果的なお薬は「プロペシア」というお薬です。
その有効成分は「フィナステリド」というもので、この「フィナステリド」がAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制することで、毛髪の成長期が長くなります。
結果として毛髪が充分に成長し、軟毛がしっかりした硬毛になってくれるのです。

プロペシア(フィナステリド)服用時の注意

・プロペシア(フィナステリド)は、AGAにのみ有効であり、円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛症には効きません。
・また、20歳未満でも有効性や、安全性は確立されていないため、未成年のプロペシア(フィナステリド)服用はできません。
・女性の脱毛症には効果はありません。
・妊娠中の女性がプロペシア(フィナステリド)を服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあるため、妊娠・授乳中の女性は絶対に服用しないでください。
・プロペシア(フィナステリド)を継続的に服用することで、効果が持続します。一度効果があったからといって、服用を中止すると効果はなくなり、症状が進行します。
・プロペシア(フィナステリド)服用中に前立腺がんの健診を受ける場合は、検査をされる医師へプロペシア(フィナステリド)を服用している旨を必ず伝えてください。
(プロペシア(フィナステリド)の成分は、前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させるので、 測定したPSA濃度を2倍にした値を目安にする必要があります。)
・プロペシア(フィナステリド)服用中は献血をしないでください。献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に入るのを防ぐためです。
献血をする際は、1ヶ月プロペシア(フィナステリド)の服用を控えてからにしましょう。
・副作用として、性欲減退・インポテンツがあります。日本国内の臨床試験での発現率は1.0%未満ですが、そういった副作用がある、ということを理解しておいてください。

プロペシア(フィナステリド)の副作用

・肝機能障害があらわれることがあります。観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなどの処置が必要です。
・生殖器への副作用
 睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等が起こる場合があります。
・過敏症
 痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)が起こる場合があります。

プロペシア(フィナステリド)も医薬品であるため、副作用を起こす場合があります。
医薬品を服用する際は、きちんと確認してから服用するようにしましょう。
また、服用を始めて異常が現れた場合は服用を中止し、医療機関へかかりましょう。

プロペシア(フィナステリド)の購入について

プロペシアは薬価基準未収載薬のため健康保険の対象となりません。
さらに、投薬治療は6ヶ月以上続ける必要があります。
そのため病院で医師の診断を受け、処方してもらうのも良いですが、治療費がかさんでしまうという難点があります。

そこで、おすすめしたいのが、個人輸入の通販サイトを利用して、お薬を購入することです。
AGAに効果的なお薬はプロペシアですが、既にプロペシアのジェネリック医薬品もたくさんあります。
有名なプロペシアジェネリックですと、「フィンペシア」や、「フィナステリド錠」などがあります。
個人輸入サイトでは病院で処方してもらうよりも安価に購入することができるので、お薬をできるだけ安価に試してみたい方や、一度病院でプロペシア(フィナステリド)を処方してもらい、続けたいが更に安価に入手したい人などは検討してみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ