髪の毛を労ろう!

髪の毛にも皮膚と同じように、身体の栄養状態が現れます。
バランスの悪い食事をしていると肌の調子が悪くなるように髪のコンディションも悪くなります。

髪の毛はタンパク質の一種である「ケラチン」を主成分としています。
そして「ミネラル」が、ケラチンの合成を促進します。

そのため、髪の毛のためには、タンパク質を多く含む肉類、魚や大豆製品と、ミネラルを多く含む海藻などを積極的に摂取すると効果的です。
しかしそれも極端なものではなく、バランス良く摂取することが大切なのです。

ストレスと喫煙

喫煙をすることによって血行が悪くなります。
髪の毛のためを思うのであれば、禁煙をするのが望ましいとされています。

また、ストレスも毛髪のためには良くありません。
AGAは男性型脱毛症で、遺伝やDHTが原因ですが、ストレスなどが原因の脱毛症もあるほど、ストレスは毛髪へ影響を与えます。
ストレス社会と呼ばれる現代社会に生きる人々が、ストレスの無い生活を送ることはなかなか難しいですが、できるだけストレス因子を生活から排除していくことは大切です。
思いあたることはありませんか?
改善できることは、できるだけ良くしていきましょう。

また、自分なりのストレス発散方法を見つけていくことも大切です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ