AGAは進行する!その治療とは?

AGAの特徴としては以下の数点があげられます。

・思春期以降に始まり、徐々に進行する
・額の生え際や、頭頂部が薄くなる
・うぶ毛のような充分に育たない髪の毛が多くなる
・太くしっかりとした髪の毛が、細く短めの髪の毛になり、頭皮が透けて見えるようになる
・両親、兄弟、祖父母に脱毛症を認めることができる

これらの項目で、気になる点があり、AGAを疑うのであれば、できるだけ早く治療を始めましょう。
なぜならAGAは進行性であり、放っておくと薄毛がすすんでしまうのです。

AGAの特徴として、その進行パターンがあげられます。
額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの複合型など、様々な進行パターンがあります。

しかし、できるだけ早く治療をすれば、薄くなってしまうのを食い止めることができるかもしれません。

AGAの治療とは

AGAは通常の脱毛症とは違います。
AGAは病気なのです。

脱毛防止の育毛・発毛シャンプーや、トニック、マッサージなど、市販品にも様々な対薄毛商品が様々にありますが、これらはAGAにほとんど効果はありません。

AGAの主な原因は体内の男性ホルモンによる髪の毛の成長の阻害なのです。
もちろん髪の毛をしっかり洗って清潔にすることは大切ですが、男性ホルモンの働きを抑制することはできません。

AGAへの効果的な治療は、投薬のみなのです。

基本的にどこの病院でも処方されるお薬は「プロペシア」といものです。
このプロペシアを1日1回内服することによって、AGAの原因物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻止し、毛髪の成長を促します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ